« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/29

カヌーだわっしょい!~本番~

Photo さて、いよいよチャロ乗船です。

トーヤンいわく意外にすんなり乗ったそうです。あんまり近づいて衝突すると怖いので遠くからパチリ。 Photo_4

コギヲ号は順風満帆Photo_2

仁王子、若干怖いのか、おかあしゃんに接近しすぎて体重がかたよってしまっている!!

舳先が持ち上がりウィリー状態に!gaju選手、かなりこぎづらそう!!Photo_5

まる子選手にいたっては押しつぶされて前が見えない~!ぎうぎう!

Photo Photo_4そうこうしているうちに、チャロさん怖さも薄らいだか本来の水大好きな一面が現れてきました~。Photo_3

そこに子狸が泳いできたーーーっ。

(テス姐さん)どういう経過かわからないけれどおいていかれまいと、必死の八の字眉になっています。Ok 

舳先に乗るチャロ

このあと、泳いでもいいよ!というのに、なかなかドボーンはせず、やはりビビッているようすのチャロ。

しかし、意を決してドボーン!

こっちへ向かって泳いできた!

あらきさんに「チャロママは逃げて~!乗り込まれるよ」といわれ、あわてて舵を切ってふと見ると、

えっ!ぜんぜん違う方向へ必死で泳いでいるではありませんか。

その目線の先にはももちゃんと父さんが!そして勝手に父さんのカヌーにによじ登ろうとしている~。Momo

マイカヌー持参で余裕で静かに楽しんでいたもも父さんはチャロを引き上げてくれましたが、

チャロはその恩返しか、猛烈ベロチューを開始!「ちょ、ちょっとチャロやべてくれ~」と困惑気味の父さん。

ももちゃんも、さすがに、迷惑らしくウ、ウォンウォンと抗議の声を上げながらチャロをよけています。

トーヤンは「ご、ごめんなさい!」といいながらカヌーを近づけ、やっと受け渡し。

まったく、私の所に来ないのも、トーヤンの横について泳がないのも想定外で、情けなくってしまいました。

Photo_2その後は対岸にちょっと上陸してお茶タイム。

いつでもノリノリなgals and a boy.

枝の湖面レトリーブをしたりして遊びました。

Photo_5 なぜか突然のラブシーンlovely

あっというまに時間になって体制も立て直し、元の船着場(?)へまた漕いでいきました。チャロはちょっと調子に乗って何度かドボンをやっていましたが、

無事にトーヤンに確保されていました。

Maru  ひとりand1ワンになって余裕のまる子選手。

Photo_3 『わたしマーちゃん。凛々しいでしょ』Photo_6

初めてのカヌー。思った以上に舵もきいてがんばればスピードも出て、とっても楽しかったです。うーん。マイカヌーが欲しくなってきちゃいました。

| | コメント (7)

2008/08/25

カヌーだわっしょい!~用意編~

この週末はずっと楽しみにしていた「黒犬と遊ぼうカヌーツアーin水上」に行ってまいりました。

メンバーはテスコギマー家仁家、そしてスペシャルゲストの桃&桃父さん。チャロ家。

お世話になったのはスノーシューツアーでもお願いしたファンテイルのあらきさん。

しかーし、週末の予報は悪くなるばかり。行きの車中でも途中かなり強い降りのところもあって、ちょびっとどんよりしていたけど、だんだん小雨になってキター。

そしてちょっとしたハプニング発生!月野夜ICと水上ICの間で事故、通行止めのため手前の沼田で降りるようにとの指示がまる子カーからきました。アイアイサーとばかりに沼田ICで皆さんと落ち合い、あらきさんの先導で今日の目的地、ならまた湖へ。

嬉しいことに雨もほぼやんでいるもよう~。 Photo_2

あそこから出発なのね~。ワクワク

Photo_3 ならまた湖畔についたら、なにやら奥利根のすばらしくネイチャーな風景をつんざく重低音が・・。

本来ならばそこに泊まりたかった湖畔の閑静なキャンプ場でサイケデリックゴアトランス(らしい)のイベントが繰り広げられているのでした。そこにはおおよそキャンプ場で見るのとは明らかに違ういでたちの方達がたくさん。

まだ本番ははじまっていないらしく、でも音楽に合わせて頭を振る人たちも。迷彩服を着たガードマンなどもいて、完璧に浮く私達なのでした。

じっくり社会勉強したかった私ですが、しかしそうも言っていられず、時間も押していることだし・・とすぐに用意にはいります。Photo

ライジャケ着用した父さん大好き桃ちゃん(右)

と王子、仁君(左)半年ぶりだね♪

Photo_4 姐御、テスちゃん(右)&お姫チャマ、マーゴちゃん(左)

見えづらいけどライジャケ装着中の魅惑のオヤヂ、コギヲ君(奥)。Photo_5

Photo_8 そしてチャロ兄とチャロ

組み合わせは、かなり迷った挙句、チャロを引き上げるのにやはりトーヤンが良かろうということで私と兄、トーヤンとチャロが一緒に乗ることになりました。Photo_6

桃ちゃんを持ち上げてみせる父さん。Photo_7

その後湖畔に降りてレクチャー後、いよいよ乗船!

Photo_9 チャロ兄と私は一番にのせてもらったので

湖上からみんなの様子を撮影~Photo_10

さてこの後はどうなるのか?乞うご期待!

| | コメント (6)

2008/08/24

ラブpuppy

パピーはパピーでもフラットパピーではありません^^。

先日、お友達のさくらちゃんに妹ができたということで、

Calmさんで待ち合わせてニューフェイスのくるみちゃんにあわせていただきました~。

1このポヘっとしたお顔がなんともかわいい♪♪

2  4

3_2 ポンポコリンのおなか!みんなくるみちゃんに釘付け~。まだ三ヶ月になってないくるみちゃん。将来が楽しみだぁ。

もうちょっと大きくなったらまた遊んでね♪Photo

お姉ちゃんのさくらちゃんとエルちゃん、ご挨拶中。 Photo_2

ジュリ君も元気元気!。甘えてまーす。

Photo_3 目力王子、びすけちゃん。Elle

エルちん。

Photo_6この日、お昼はチェルシーズガーデンカフェで。

残り少なかったLサイズのパトロール シャツを購入。

入隊いたしました!Photo_4

この白シャツは仁君がぱっつんぱつんになったということで、送っていただいちゃいました。Photo_5↓こんなのも^m^

ほぼ新品を送っていただいて・・・(しかも王子のかほりつき)、gajuさん本当にありがとう~♪

| | コメント (4)

2008/08/20

北海道はでっかいどう(古っ)

そんなこんなで(どんなこんな?)その後も実家でまったりすごしたり、

海鮮ヤキヤキしたり、高校時代の友達と子連れで遊んだり(昔は誰かのおうちにあつまっちゃぁ、お菓子とジュースでずっとしゃべっていたのに、時は流れいくのだ)。

あっという間に日が過ぎて、トーヤンも合流して、函館経由で帰る日に・・・。

チャロ兄は車に乗り込むときに涙目になっていて切なくなってしまいました。

またくるからねと、両親に手を振っって出発!

函館までニセコ経由か、苫小牧経由か迷ったのだけど少しでも時間の節約になればと高速が使える苫小牧経由で。

途中サミットでにぎわった洞爺湖周辺、有珠山PAによりました。

ここがとってもいいPAで有珠山、昭和新山を望めるパノラマビューはもちろん、牧家の特大ソフトクリームやおいしいソーセージなんかも売っています。Pa_2 左→有珠山  右奥→昭和新山

Dog_runしかもドッグラン有り!ずっとケージで寝ていたチャロもココで少しハッスルさせてあげました。(露出を間違えていて真っ白なお写真sweat01)ちなみに爆走中の写真はありません。残念。

Photo_5

長万部付近から駒ケ岳がみえます。雄大な景色。

5時間くらいでつけるかと思ったのに北海道は大きく、長万部で既に5時間。ブリーダーさんのお宅に着いたのは午後3時になってしまいました。ブルーノルトママさんと、私は二度目まして。パパさんもこの日はご在宅で、はじめましてのご挨拶も程ほどに、犬舎へ~

チェリーちゃん久しぶり、今回はあなたの娘を連れてきましたよ~。

Photo_2感動のご対面、のはずが以外に冷静なお2人。お互いにクンクンチェック。

チャロはやっぱり細くて、ちっちゃいけれど、顔はもちろん似ているし、たとえば身のこなしとか、しぐさなど、全体的な雰囲気はチェリーちゃんにそっくりでした。Photo_3

おかあしゃん、まってくださーい。Photo_6

そして、パピコたち。

言葉は要りません写真をみてください~!といいたいのですが、写真、ブレブレばかり。。

チョビットですが生後一ヶ月のパピちゃんたちのお写真です。Photo_7

チャロ兄の足にちゃっかり乗っているコ

Photo_8   おっぱいタイム。振り返っているのはチャロ子?

Photo_9男の子と女の子どうやってわかるの?というチャロ兄に、保健の授業をしてくれているブルーノルトママ^^。

続きを読む "北海道はでっかいどう(古っ)"

| | コメント (10)

2008/08/14

海なのに・・・

翌朝10時45分に苫小牧港に着いたらあいにくの雨。。

でも涼しくて気持ちよい~。1時間ちょっとのドライブをして実家について私はさっそくチャロ兄とチャロを両親に託して旧友2人とススキノ~beer

普段はほとんど飲まない(飲めない)ビールにワインを飲んで、爆笑したり、かといえば急にしんみりしたり。気の置けない、20年以上の付き合いの友達との再会はとても楽しく気持ちだけ中学生に戻ったようでした。

天気予報は次の日からずっと晴れマーク!晴れ日の真ん中を選んで海に行きました。

実家から30分もかからない石狩浜は小さい頃からよく来ていた地元のファミリービーチ。

ついてみたらめちゃくちゃ混んでいました。

チャロもつれてきたけど、この人ごみを歩くのはかなり難しそう・・・かといって車にお留守番というわけにも行かず・・。

意を決してリードを短く持ち、「なまらでかいべや~」(←久しぶりに聞いた北海道弁happy02)というオレンジレンジみたいな(?)お兄ちゃん達の声をききながら波打ち際ギリギリまで前進。

チャロ兄は父に任せ、私はチャロの水泳特訓!!

と思ったのに、波が高かったせいか、腰が引けてぜんぜん入ろうとしないんです。

Photo_6『海やだぁ!怖いですぅ~』

Photo_7

『イヤだったらイヤだ!』

Photo_8

『今日はここら辺でカンベンして下さい・・・』

Photo_9

『快適快適・・・』

この後すぐ、赤旗が立つほど波が高かったのですが、それでも、ねぇ。

海イヌにはなれそうにないチャロさんです。

| | コメント (5)

帰ってまいりました

無事に帰ってきました~。

北海道はやっぱり涼しく、快適でした。

日中温度もたぶん28度を上回ることはなく、湿度もこちらに比べればほとんどないといっていいくらい。

風もさわやかだし、天然エアコンでした。これで、冬がもう少し短ければいうことないんだけどナ。

さて、前回の記事で行きのフェリーの事を心配していたのですが、出発がpm8時だというのにpm4時過ぎにはしっかり到着し、受付開始を待って、一番乗りでの受付!無事中型犬ケージを獲得できました。やたーっ。

コレでほっとして、近くの公園で乗船前にひとっぱしり!仙台はやはりこちらよりは涼しく、夕方だったこともあり爆走してもOKでした。 Ok_2

この公園はとても広く誰もいないし、ワンコおことわりの看板もなくて芝生も手入れされていて、ウン○もおちていないし、とてもいい公園でした。Yahho

Photo洋ナシちゃんが落ちてくる! Photo_2

キャーッチ!

Photo_3 Photo_4

トーヤンが手を出しているのに、お約束のスルー・・・

上のほうにもすっ飛んでいる人、ひとり。。

Photo_5  おヨダを撒き散らしながらのミキティ並みトリプルジャンプで決めました。

この後、とーやんは仙台駅から新幹線で帰るために、港で別れてチャロ兄と私とチャロで乗船。

全員一緒に車から乗船できたのですが、困ったのはチャロ入りの大きなケージを運ぶこと。犬連れということでエレベーター前の場所にとめさせてくれたものの、そこに行く6メートルくらいはケージを2人で引きずっていきました。

じきに係りの人が台車を持ってきてくれたのでそこからは台車で移動。ドッグハウスはブラックケージの大3つが下段に中3つが上段に並べてある棚状の、東日本海フェリーとさほど変わらないつくりでした。

ふたをあけてみれば大きい方のブラックケージもひとつ空いていました。あんなに早く来る必要もなかったか・・・。でも結果論ですから。ちなみにもうひとつのケージ(大)にはコーギーとテリア系のこが一緒に入っていました。このテリアちゃんがにぎやかでにぎやかで^^;。

上段にはおとなしいシーズーとちょっとパニック気味でトイレシートを細かく分解し真っ白になってしまったトイプーちゃんがはいっていました。(もうひとつは忘れた・・)

チャロは二回目のフェリーのたびということと、時間も短く日本海より揺れも格段に少なかったせいか落着いて乗っていました。5×5mくらいの甲板にも出られるのですが、そこは波の音が怖かったのかあまり喜ばず・・。

そんなこんなで翌朝の10時45分には無事苫小牧港に着いたのでした。

北海道記、まだつづきます。

| | コメント (3)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »