« プチスクール | トップページ | 物欲の秋? »

2007/10/16

最後の狩人

半年ほど前、チャロ兄に最後の狩人~Last Trapper~という絵本を買いました。

ロッキー山脈のふもと、ユーコンで伝統的な罠猟をして生計を立てている実在の人の話。

その帯に映画化(「狩人と犬、最後の旅」)とあったので、はやくDVDにならないかな~と思っていたら、スターチャンネルでやることがわかったので、コーチにお願いして録画してもらいました。ありがとうございます。。ペコリ

ノーマン・ウィンターというその人自身が出演しているドキュメンタリーちっくな、でも演技もしている(?)モノでした。

ココからはネタバレありなので、見たいと思っている方は読まないでくださいね。

ノーマンはインディアンの女性と結婚していて、ノーマンがテンやビーバーなどをとってくると、奥さんがそれをはいで毛皮にする。その毛皮を5日かかる町へ売りにいって生活必需品を買いながら、山奥で暮らしているのです。

凍っているように見えるけど、割れそうな川や落ちたらぜったい命を落とす崖、熊や狼などの危険な動物など人の手のはいらない大自然の中。もちろんすべて自己責任です。警告の看板や柵なんてもちろんないし。

すべて自分自身にかかっているのです。こういうところで淡々と生きていける人って。すごく強くて賢い。

そして、そり犬達とのかかわり方。犬たちをとても信頼している。時には叱咤激励しながら、ねぎらいの言葉もかけてやる。そして犬たちもそれに応えるようにそりを引きます。

なんか、これが、昔からの人と犬とのかかわり方だったんだなぁと・・・。しつけに苦労している自分がこっけいに思えてきました。たぶん、自然にすればいいんだろうけど。いろいろ考えすぎてしまう。

むむ~むずかしいです。Photo

秋の夜長にオススメの映画です~。

|

« プチスクール | トップページ | 物欲の秋? »

コメント

最近、またもやトレーニングのことで脳内グルグル状態の私。
この日記を拝見し、犬と人間が一緒に暮らすってところがそもそものきっかけで、信頼関係ってどうやって生まれてくるんだろうと考えさせられました。

きっと、すごくシンプルなところに答えがあるはず。
でも、なかなかいろいろなことに気をとられて、
素直にうなずけない自分もいたり。

はー…。

投稿: まる子 | 2007/10/17 15:56

う~ん。。。見てみたいっ!
この週末にでも...と思ったケド
??まだDVD化はされてないの??

投稿: anonまま | 2007/10/17 19:33

◆まる子さん◆
犬と人間って最初は多分利害関係が一致して暮らし始めたのでは?とおもうのですが、この映画でワンが主人公を助けるシーンがあるんです。それをみて、やっぱり愛情というか、信頼関係=利害だけではない関係があるんだよなとしみじみ思いました。

トレーニング、「擬似恋愛からの脱却を目指せ!」の記事、読ませていただいて私も同感しました。

やっぱり子犬のときからの関係の積み重ねなんですよね~。私もついついかわいいから「今日はいっか」、あるときは急に「それはダメ」と、かなりブレた接し方をしてきたような。
やっぱり「ダメはダメ!」ということをきちっとしなくては、と反省します。
よく「考えすぎ」「肩の力を抜いて」ってコーチに言われますが、どうしても考えてしまいます。
チャロはまだ単純な部分が多いので比較的「読める」行動をするのですが、テスちゃんはお姐なぶん、より複雑なんでしょうね。ワンコと通じ合える関係になりたいです。


◆anonママさん◆
今日ツタ○に行ったらありましたよ~!
たしかミニシアター系のところにおいてありました。
新作だったと思います。
是非ご覧になってください。映像もすごく素敵だし、オススメです。
ただ、主人公が町に行くときに、いつも奥さんを置いて自分だけお酒飲んで帰ってくるところが腑に落ちません(笑)。わたしだったら「連れてけ~!」って騒ぐかも~。


投稿: mimi | 2007/10/17 20:57

見たいですね〜。
レンタル屋さんで探してみまーす!!
わんとヒトの関わりってたくさんあると思うんです。
自分と愛犬との関わりに正解はないのかもしれないですが
お互いが一番幸せな関わり方したいな〜っていつも思います。

投稿: むつはは | 2007/10/17 22:11

わたしもとっても見たいです!
我が家のエルもやっとひとつ屋根の下で一緒に暮らせるようになり 幸せいっぱいですが しつけ、トレーニングという観点からいったらどうなんだか全然わかりません。
難しいですが この気持ちを忘れず接していきたいな、とも思います。

投稿: みぃ蔵 | 2007/10/17 22:48

◆むつははさん◆

ほんとうですよね。いろんなかかわり方があるし、どういうふうに関わりたいかも、人によって違いますよね。
むつくんとセイラちゃんは、ははさん、テアボロさんに愛情いっぱい注がれてとっても幸せそうです。
DVD探してご覧になってみてください♪
冬のシーンもとっても素敵です~。


◆みぃ蔵さん◆

エルちゃんは一つ屋根の下に暮らせて満ち足りていると思いますよ~。お外にいるときだって愛情いっぱいかけてもらって幸せだったと思うけれど、人間もやっぱり触って暖かい存在が近くにいると思うと癒されますよね~
でもこの映画ではやっぱりペットというよりは何というか、運命共同体?という関わり方のように思いました。
ちょっと眠くなるシーンもあるかもしれないけど(^m^)とっても素敵な映画ですよ~。

投稿: mimi | 2007/10/18 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の狩人:

« プチスクール | トップページ | 物欲の秋? »