« 動物愛護センター | トップページ | ドロドロどろどろー! »

2007/01/23

昨晩リアルで怖い夢をいました。自宅が火事になる夢。

連日火事のニュースを見たり、ちょっと前に近所のクリーニング店が家事になったので印象に残っていたんでしょうか?家族は無事だったんですが、家財道具が全部燃えてしまうという内容で、おきてからもちょっと怖かった~。

怖い夢といえば最近チャロ兄が怪獣にさらわれる怖い夢を見るといって前は平気だった暗い所を怖がるようになってしまいました。怪獣なんてかわいいもんだ♪と思っていたのですが、どうやら本人にとっては真剣に怖いらしい。

あんまりしょっちゅう言うので「何で?」と思って考えてみたら、このごろ恐竜に凝っていて、寝る前に必ず恐竜図鑑を見ながらねむりにつくのです。きっとそのせいだ~!!

きょうから読み聞かせでもしてあげようかな?前は毎日寝る前に本を読んでいたのですが、最近は字も読めるし、私も一緒に眠くなってしまうので一人で寝せていたのです。もうちょっと甘えさせてあげてもいいのかな~なんて思いました。

さて、日曜日は動物愛護センターの方に「こんな講演があるから聞いてみたら?」と声をかけていただいた『ヒトと動物~動物介在活動と適正評価方法~』という講演を聴きに行きました。

講演会なんて久しぶりだし、午後からだから眠くなったらどうしよう~と思っていたのですが、とてもテンポよく、ユーモアを交えてお話をして下さって、最後まで聞き入ってしまいました。

多分その世界では有名な方だと思うのですが、山本央子先生という非常にエネルギッシュな方が講師でした。建築関係のお仕事でNYにいってシェルターからヘンリーというMIX犬を引き取り、デルタソサエティ(アニマルプラネットで聞いたことがあるような・・・。)で訪問活動を行なってきた方です。

今では建築のお仕事はすっかりやめて指導者として活躍なさっているということでした。

いろいろためになるお話があったのですが、やはり訪問活動は訓練された犬がなれるびではなく、その犬の適性が非常に重要ということ。犬にとってもお仕事をするのはとてもストレスになるのでそのストレスサインをきちんと見きわめてあげなければならないというお話が印象的でした。

今度、訪問活動をする犬の適性試験もあるようです。

会場には県内いろんなところから飼い主さんや学生さんが集まっていて、こんな高い意識を持った方がたくさんいるんだなー。と感じました。もし、チャロにそんな適正があるのなら、いつか参加してみたいと興味がわきました。今のままじゃ、お年寄り押し倒しちゃうもんねぇ。

Imgp4167

雪の後が少し乾いてきたから久しぶりにお庭の土の上に繋留~。この後土をホリホリしてその上でごろんごろん。お風呂決定です。

Imgp4170

一ヶ月ぶりのシャンプーにふかふかになったチャロさん。シャンプー終わった後って、何でキレたように走り回るのかしらー。やっとおちついてネムネムになったところです。

|

« 動物愛護センター | トップページ | ドロドロどろどろー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 動物愛護センター | トップページ | ドロドロどろどろー! »